TOP > バイク保険

バイク保険

バイクに乗る場合に入らなければいけない自賠責保険と、任意で加入する任意保険について、その違いや種類、仕組みなどについてこのページに詳しくまとめました。

バイク保険【目次】

 バイク保険について、基本的な「概要理解編」からバイク保険の具体的な仕組み、そして実際のバイク保険の選び方など、保険に関して知識がまったくない方でも理解できるようにわかりやすく解説しております!

バイク保険の概要理解篇

 概要理解編では、バイク保険に関する基本的な知識をご解説しております!

バイク保険の具体的な仕組みについて

 バイク保険料や等級、支払方法など、バイク保険の具体的な仕組みについてご解説しております!

実際のバイク保険の選び方について

 排気量別にお得なバイク保険の選び方や、必要書類、加入金額など、実際のバイク保険の選び方についてわかりやすくご解説しております!

バイクの保険には強制加入の自賠責保険と、運転者の自己責任で加入する任意保険の2種類があります。自賠責保険は運転者がバイクで他人を死傷させた際の損害賠償責任を補填するためのもので、これに加入していない人は運転ができません。

任意保険には対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険などがあり、それぞれ保険適用となる事象が限定されており、全てに加入することもできれば、一切加入しないという選択も可能です。

これらの保険料は「等級」「年齢」「補償対象」「走行距離」「排気量」などによって変動します。等級とは被保険者の運転の安全性によって変動するもので、1等級から20等級まであり、数字が若くなるほど保険料が高くなる仕組みになっています。

また年齢による保険料区分は「全年齢」「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」というように分かれています。年齢が低くなるほど保険料は高くなります。補償対象とは当該バイクに乗って事故を起こした場合に補償が受けられる運転者の範囲を意味します。

対象者が増えるほど事故のリスクは増加するため、保険料も高くなります。最も安くなるのは本人だけの限定契約です。走行距離や排気量においても保険料の決まり方は同じです。事故のリスクが上がるほど、保険料は高くなります。

保険を選ぶ際は「自分に必要なもの」を選ぶのはもちろんですが、必ず複数の保険会社を比較し、検討するようにしましょう。無駄な補償を省き、必要なものに絞れば大きなコストダウンにつながります。

バイクを高く売るためにやること

 バイクを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!まずはA社、B社、C社にインターネットで査定してもらいますがあくまでも参考価格しかでませんので、実際に来てもらって実際の買取価格を出してもらいましょう!査定は完全無料ですから買取業者を有効利用して、最も高い買取価格を引き出しましょう!

以下の買取業者に私が実際に自分のバイクを売った時の記録 ⇒ 筆者が自分のバイクを買取業者に高く売るまでの体験記

A社:バイク王
やはり バイク買取シェアNo.1※ ※バイク処分者調査2015 年9 月(調査機関:楽天リサーチ)バイク王は外せません! 査定スタッフ対応満足度93%!※ ※バイク王で査定した方への郵送アンケート調査結果より(2015年6月実施、自社調べ)ですから、社員教育も非常に行き届いています。バイクを売るなら外せない業者です。
B社:買取専門店バイクワン
バイク買取専門店バイクワン も1位のバイク王に負けてはいません。近年急速に成長している買取専門業者です。バイク王とライバル関係にありますから、バイク王と価格競争させることで高価買取を引き出しましょう!
C社:バイク買取一括見積り
バイク買取専門業者はバイク王とバイクワンが有名ですが、それ以外にもたくさん存在します。中小規模の買取業者でも時期や需要の関係で意外な高値をつけてくれることもありますので、こちらのバイク買取一括見積りが大変便利です!

※人気車・不人気車・輸入車・事故車・故障車・不動車など、すべてのバイクに価値がありますので、一度買取査定をとってみましょう!