TOP > バイク買取の基礎知識【目次】 > バイク買取に必要な書類

バイク買取に必要な書類

バイクを買い取ってもらう際の必要書類とその手続きを解説します。排気量ごとに、手続き場所や必要書類が異なってくるので間違えないようにしましょう。

バイク買取に必要な書類

 バイクは、役所に登録してナンバープレートを付ける乗り物ですから、バイク買取業者売却する際には、他人の名義に変わるわけですから、書類等の手続きが伴います

といっても、買取業者が代行してくれますから、特に心配することはありません。ただ、どういったものを用意し、どういった手続きが必要なのかを知っておいたほうがいいでしょう。簡単に説明します。

原付バイク(125㏄以下)の場合

 原付バイクは市区町村役所(役場)にて登録しナンバープレートを発行してもらうシステムになっています。当然ながら、あなたのバイクも市区町村役場にて登録を行っています。

バイクを売却する際には、あなたがバイクを登録した市区町村役所で廃車登録(抹消登録)が必要です。この手続きには、印鑑、これまで使ってきたナンバープレート、標識交付証明書などが必要です。

このほか自賠責保険証明書も用意しておきましょう。

軽二輪(250㏄~126㏄)の場合

 軽二輪の場合は、登録は陸運局等(軽自動車検査協会含む)で行われます。

原付バイクと異なり、転出前、すなわち売る側が登録した陸運局等で廃車手続きをする必要はなく、転入後、すなわち売却後に新しくオーナーになった側の管轄にある陸運局等でまとめて手続きをするようになっています。

用意しておくものは、原付バイクの場合と大差ありませんが、軽二輪の場合は標識交付証明書ではなく、自動車の車検証に相当する「軽自動車届出済証」を用意しておきましょう。

バイク乗車時に携行することが義務づけられている書類ですから、取り立てて慌てる書類でもありません。譲渡証明書などの必要書類は、査定員が持参しているので、その場で作成できます。

小型二輪(251㏄以上)の場合

 小型二輪の場合は、登録は陸運局等(軽自動車検査協会含む)で行われます。

原付バイクと異なり、転出前、すなわち売る側が登録した陸運局等で廃車手続きをする必要はなく、転入後、すなわち売却後に新しくオーナーになった側の管轄にある陸運局等でまとめて手続きをするようになっています。

手続きの手順は、軽二輪の場合と類似していますが、記載書類が多少異なる(委任状が加わるなど)程度で、軽二輪とさほどの差はありません。

いずれの手続きにおいても、実際に必要な書類のフォーマットはいろいろありますが、その多くは査定員が持参しているものですから、売り手側があらかじめあれこれ取り寄せたりしておくものはありません。

売買契約が成立した際に、その場で記入や捺印をすればOKです。

書類手続きを無料代行してくれる買取業者 ⇒バイク王 バイクワン バイク買取一括見積り

バイクを高く売るためにやること

 バイクを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!まずはA社、B社、C社にインターネットで査定してもらいますがあくまでも参考価格しかでませんので、実際に来てもらって実際の買取価格を出してもらいましょう!査定は完全無料ですから買取業者を有効利用して、最も高い買取価格を引き出しましょう!

以下の買取業者に私が実際に自分のバイクを売った時の記録 ⇒ 筆者が自分のバイクを買取業者に高く売るまでの体験記

A社:バイク王
やはり バイク買取シェアNo.1※ ※バイク処分者調査2015 年9 月(調査機関:楽天リサーチ)バイク王は外せません! 査定スタッフ対応満足度93%!※ ※バイク王で査定した方への郵送アンケート調査結果より(2015年6月実施、自社調べ)ですから、社員教育も非常に行き届いています。バイクを売るなら外せない業者です。
B社:買取専門店バイクワン
バイク買取専門店バイクワン も1位のバイク王に負けてはいません。近年急速に成長している買取専門業者です。バイク王とライバル関係にありますから、バイク王と価格競争させることで高価買取を引き出しましょう!
C社:バイク買取一括見積り
バイク買取専門業者はバイク王とバイクワンが有名ですが、それ以外にもたくさん存在します。中小規模の買取業者でも時期や需要の関係で意外な高値をつけてくれることもありますので、こちらのバイク買取一括見積りが大変便利です!

※人気車・不人気車・輸入車・事故車・故障車・不動車など、すべてのバイクに価値がありますので、一度買取査定をとってみましょう!