TOP > 筆者が自分のバイクを買取業者に高く売るまでの体験記

自分のバイクを高く売る体験記

当サイト運営者である筆者が、実際に自分のバイクを買取業者に売るまでの体験記を、オンライン査定から実際の買取業者との価格交渉まで詳細に記録し公開しております!

筆者のバイク売却体験記!

幣サイトの運営者である筆者が実際に自分のバイクをバイク王に売った体験記を皆様の参考としてご紹介したいと思います!

私のバイクのプロフィールは下記です。

私が売ったバイクの詳細

  • バイク:ホンダ PCX125
  • 年式:新車購入から2年落ち
  • 走行距離:約12,000km
  • 使用年数:新車購入後、約1年半
  • 使用用途:通勤(片道15km)
  • パーツ:社外品のシールド・純正イモビアラーム・純正グリップヒーター装着。他すべてノーマル。
  • 難点:ボディ全体にコキズや使用感あり。一度右にこけているのでボディが少し削れている箇所あり。

以上のバイクを売ることになったわけですが、きっかけはバイク事故です。いつもの朝の通勤途中にいきなり私の右側から軽トラが目の前に割り込んで入ってきて急ブレーキをかけるという暴挙にでました。

当日は雨が降っており路面が濡れていたせいか、私も急ブレーキをしたのですがあっという間にこけてしまいました。相手の軽トラはそのまま走って行ってしまいました...。

バイク通勤を約1年半前から始めたのですが交通量の多い道路なので、頻繁に交通事故を目にしているうちにいつか自分も事故るんじゃないかと不安になっていて、「バイク通勤やめようかな~。でも電車は時間かかるしな~。朝から満員電車は嫌だしな~。」と日々悩んでいたところでした。そんな矢先に私が事故にあってしまいました。

せっかく新車で買ったバイクですし、1年半程度しか乗っていなかったのですが、迷った挙句やはり自分の命の方が大切だという結論に達しましたので、泣く泣くバイクを売ることに決めました!

1.思い立ったら即査定依頼!

私は思い立ったら即行動派です!まずは以下の買取業者にオンライン査定申込を行いました!手元にバイクの資料は何も置いていなかったのですが簡単に入力できました。

私が利用したオンライン査定

ちなみに「バイク一括見積り」では6社の中から申込をする業者を選べるようになっているのですが、私は知名度で「バイクエース・バクボーイ・バイクランド」を選びました。

入力内容を送信後、ものの数分で1社目の買取業者から電話がかかってきました。早すぎる(笑)

こんな感じで申し込みをしたすべての業者から続々と電話がかかってきますが、内容としてはどこも同じで、メーカーや車種名の確認とだいたいの査定額を知らせた後、「実車を確認させて欲しい。」という内容でした。

オンラインからの見積もりはあくまでも概算(たいてい高くでます)なので、実車を確認して実際の査定価格を出してもらう必要があります。業者が提示してきた査定額は下記の表のようになりました。

※ 実はそのままの金額をご紹介したかったのですが、規約上、実際に提示された金額はご紹介できません...。申し訳ないです(;_;)ですので、ある金額「X」を基準として+1万円とか-2万円といった形である程度予想できるように記載させていただきます。

業者名 オンライン査定額
バイク王 X+2万円が上限
バイクワン X-4万8700円~X-2万4000円
バイクエース X-5万円~Xぐらい
バイクボーイ X-2万円が上限
バイクランド X-1万円が上限

私はこの中から高額査定がでそうな上位3社に実際に来てもらうことにしました。業者名としては、バイク王・バイクエース・バイクランドです。

すべての業者に来てもらってもよいのですがさすがに手間と時間が厳しいので、3社で価格競争をさせる手はずでいきたいと思います!

ちなみに買取業者との電話の中で、「ご売却予定ですか?」とか、「いくらなら売却可能かという目安は?」 などを聞かれましたが、「価格によって売るか人にあげるか決めます。」「他にも見積もりはとるので1番高いところで売ります。」 と伝えておきました。

こうすれば足元を見られることなく商談を有利に進めることができます!このようにこちらの情報はむやみに知らせないようにしましょう!

あと電話対応についてですが、全体的にどこも合格点でしたが中でもバイク王が圧倒的に良かったです!唯一女性の方だったということもあるかもしれませんが、ひねくれ者の私がひっかかるところがなかったので好印象でした。

2.実際に買取業者に来てもらう!

実際に買取業者に来てもらう日程は、私が仕事が終わった後の平日の夕方から夜にかけてにしました。どこもだいたい夜の9時まではOKなようでした。

1日に3社詰め込んでもよかったのですがさすがに疲れるので、1日目:バイクエース・2日目:バイクランド・3日目:バイク王と1日1社にしました。ちなみに最終3日目をバイク王にしたのは、電話で1番高い査定価格をだしてきたからです。

作戦としては、バイク王以外の2社で査定価格の確認と、どこまで金額が上がりそうかを確認し、バイク王で2社を引き合いにだして最大査定価格を引き出そうと思います!みなさんも第一希望の業者は最後にした方がいいですよ!

1日目 バイクエースの実車査定

1日目はバイクエースです。電話では「X-5万円~Xぐらい」と提示してきた業者です。当日20代中頃の男性のスタッフが来ました。

タブレット片手にバイク全体を観察したり、エンジンをかけて少しふかしてみたりした結果、査定価格はがんばってもX-6万円ということでした。

スタッフ曰く、「走行距離と後輪のがたつき(ベアリングの不調)がネック。」とのことでしたが、内心意外に高値がでて驚きました。なぜかボディの傷やコケていることは指摘なし。

実は私と同じ車種、同じような走行距離のバイクがヤフオク(個人売買)でいくらぐらいで落札されているか事前に見ていたのですが、だいたい15万~22万円でした。

今回買取業者の査定がX-6万円とでましたので、いきなり「かなりがんばってくれている価格だな~。」と思いましたが、2日目、3日目の業者がいくらをつけるのかさらに楽しみになりましたので、「考えます。」と言って一旦お断りさせていただきました。

しかし最近の買取業者は他社と比較しているのもわかっていますので、サッと限度額を言ってサッと帰ってくれるので、ビジネスライクでいいなと思いました。時間にして10分程度です。

ちなみにスタッフの方が言うには、「このバイクはオークションに出します。」と言っていたので、「オークションでX-6万円だったら直販する業者ならもうちょっと上がるかも?」と思いました。

2日目 バイクランドの実車査定

2日目はバイクランドです。電話では「X-1万円」が上限と提示してきた業者です。当日は20代後半~30代前半のノリのいい男性のスタッフが来ました。

ノリが良いのでけっこうペラペラしゃべっていましたが、「色があせちゃってますね~。」とか「エンジンから異音がしていますね~。」とけっこう指摘されました。また「他で見積もりとられていますか?」や「いくらなら売ってもいい価格ですか?」など、ノリに任せていろいろ聞かれましたが、すべて正直に答えました。また聞かれたので現時点で売る気がないことも言っておきました。

他は「どこで見積もりとられました?いくらでした?」と聞かれたので、正直に「バイクエースです。「X-6万円でした。」とそのまま答えました。「エースさん。すごいな~。」と言ってました(笑)

で、査定結果はX-10万円でした。「お役に立てずすみません。」と言ってくれたのでその姿勢には感心したものの、「次の業者はどこですか?いつですか?」と聞いてきたので、「明後日、バイク王が最後でその日に決めます。」と伝えておきました。

私の内心では、「バイクエースがX-6万円でバイクランドがX-10万円。本当なら私がバイクランドに売るはずはないのにしっかりと次の業者の日時を聞いてきたということは、おそらく明後日のバイク王の査定の日に電話してくるだろうな~。」と思っていました。

こういった交渉タイプの担当者もよくいます。1日目のバイクエースさんはズバッと上限の買取価格をいうタイプでした。業者によってある程度傾向はありますが、買取業者は担当者が買い取ってナンボの世界ですから、担当者によってもいろんなタイプの人がいておもしろいです。

3日目 バイク王の実車査定

最後の3日目はバイク王です。電話では「X+2万円」が上限と提示してきた業者です。バイク王はいわずと知れた有名企業です。当日は20代中頃の若い男性スタッフが来ました。

若さ独特のおしゃべりな感じでしたが、これまでの業者と比べると最もしっかりとバイクを査定していました。ときおりタブレットに入力したり電話をしたりしながら待っている間に、「他の業者は来ましたか?」「整備状況は?」「どこに駐車してましたか?」など、けっこういろいろな項目について聞かれました。

最終的に「X-8万円ぐらいです。」と言ってきたのですが、他社で「X-6万円」でしたと言うと、なにやら本部と電話で何度か相談をされておりました。

その間いろいろなやりとりはあったのですが、最終的に自賠責保険が3年ぐらい残っていたのですが、それを解約して戻ってくる1万円分ぐらいをバイク王さんにあげるという条件で、1万円UPのX-5万円になりました!

さらにねばってもよかったのですが、自賠責保険を解約する手間も省けますし、なにより他社の反応をみながらここらへんが限界かなとも思っていたので、X-5万円でOKしました。

やはり最後の決め手は、「X-5万円なら売ります。」と言った私の一言が大きかったみたいです。

ちなみに電話での査定の際は「X+2万円」が上限と言っていましたが、「X-5万円」で売っちゃっていいの?と思われたかもしれませんが、私のバイクはけっこう傷だらけのためボディパーツはおそらくすべて交換すると思いますし、新モデルもでていましたのでこれぐらいが妥当かなと思います。おそらくこれ以上はどこに持っていっても無理でしょう。

バイク買取証明書

バイク王さんはしっかり査定していたので少し時間がかかったのと、売却に関しての必要書類を記入したり捺印したりして、全部込みで約1時間程度でした。

少々疲れましたが納得のいく価格でバイクが売れて良かったです!ちなみにバイク王では1週間以内ならキャンセルできるクーリングオフ制度が適用されるそうで、契約書と一緒にクーリングオフ制度の説明書も渡されました。どうやら2年前からバイク買取業にも適用されるようになったそうで、「バイク買取業界も大変だな~。」と思いました。

バイクが持っていかれる

最後は、いつも悲しいバイクを手放す瞬間です(;_;)私はいつも頭の中にドナドナの曲が流れます...。

「ああ、通勤、買い物、日常の足として活躍した私の愛車!良い買い手に出会ってね~!」

3.バイクの売却手続き

買取業者ではナンバーの返納・廃車手続きは無料でやってもらえる(買取費用から差し引いている)ことが多いですが、業者によっては廃車手続きは別途費用が掛かる場合もありますので、契約する前に事前に確認しておきましょう!

ちなみに自賠責保険は残期間が残っている場合手続きさえすれば、数千円~1万円程度還付されますが、還付金が業者に入るか売り手に入るかは業者によって様々です。

もし売り手に入る場合は、買取業者から廃車証を受け取ってから保険会社に連絡して廃車の手続きをすれば、残り月数の還付金がもらえます。

逆に私のように還付金が業者に入る場合は自賠責保険の解約も業者でしてくれますので、何もしなくてもよいです。

まとめ

今回のバイクの売却では、バイク王・バイクエース・バイクランドの3社に査定依頼をし価格交渉の結果、最終的にバイク王に売ることに決定しました。

1回の査定で15~30分程度しかかかっていませんから、最後の書類の記入なども含めても約1~2時間でバイクが高く売却できたわけです。しかも安全・安心で手間もほとんどかかっていません!

これがヤフオクのような個人売買だったらどうでしょうか?1~2万円高くは売れたと思いますが、バイクの撮影、出品、現車確認の手配、落札者とのやり取り、書類の準備、手続きなど、おそらくすべて合わせると4,5時間かかるのではないでしょうか?また個人売買ではさまざまなトラブルがつきものです。

そう考えてみると、バイクはバイク買取業者に売ることがいかに費用対効果が高いかわかりますね!

今回は私が実際に自分のバイクを売った際の体験記をご紹介致しましたが、あくまでも私の場合の体験記ですので、車種や状態によってどこの買取業者が1番高く売れるかはさまざまです。

自分のバイクを少しでも高く売りたい方は、私のように複数社にオンライン査定を依頼して比較し価格交渉の上、売却するようにしましょう!

私が利用したオンライン査定

バイクを高く売るためにやること

 バイクを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!まずはA社、B社、C社にインターネットで査定してもらいますがあくまでも参考価格しかでませんので、実際に来てもらって実際の買取価格を出してもらいましょう!査定は完全無料ですから買取業者を有効利用して、最も高い買取価格を引き出しましょう!

以下の買取業者に私が実際に自分のバイクを売った時の記録 ⇒ 筆者が自分のバイクを買取業者に高く売るまでの体験記

A社:バイク王
やはり バイク買取シェアNo.1※ ※バイク処分者調査2015 年9 月(調査機関:楽天リサーチ)バイク王は外せません! 査定スタッフ対応満足度93%!※ ※バイク王で査定した方への郵送アンケート調査結果より(2015年6月実施、自社調べ)ですから、社員教育も非常に行き届いています。バイクを売るなら外せない業者です。
B社:買取専門店バイクワン
バイク買取専門店バイクワン も1位のバイク王に負けてはいません。近年急速に成長している買取専門業者です。バイク王とライバル関係にありますから、バイク王と価格競争させることで高価買取を引き出しましょう!
C社:バイク買取一括見積り
バイク買取専門業者はバイク王とバイクワンが有名ですが、それ以外にもたくさん存在します。中小規模の買取業者でも時期や需要の関係で意外な高値をつけてくれることもありますので、こちらのバイク買取一括見積りが大変便利です!

※人気車・不人気車・輸入車・事故車・故障車・不動車など、すべてのバイクに価値がありますので、一度買取査定をとってみましょう!