TOP > 下取り 【目次】 > バイク買取の方が下取りよりもお得?

バイク買取の方が下取りよりもお得?

バイクを売る場合、バイク買取と下取りとではどちらがお得になるのでしょうか。買取業者の方が有利に売却できる理由と、下取りの上手な交渉について解説します。

買取の方が高く売れる理由

 バイク通の間でも見解が分かれるのが、「バイクを売る際には、バイク買取専門業者での買取バイクショップでの下取りとでは、どちらが得なのか?」というものです。

これらは、実際の取引ごとに事情がそれぞれ異なりますから、どちらが得だと断定することはできません。

但し、いろいろな人の意見を聞いてみますと、現在では専門業者による買取のほうが、多少なりとも有利な条件で売却できているように感じます。それはなぜなのか考察してみます。

バイクショップは、バイクの販売を事業の主体としています。それは新車の場合もありますし、中古の場合もあります。あるいは、両方扱っているお店も多数あります。

それぞれのショップは、バイクの販売とともに、お客さんがこれまで乗ってきた古いバイクを下取りし、新しいバイクの購入資金に充当してもらうことで、自店でのバイク購入を促進します。

この行為そのものは、どのショップでも当然のように行っています。しかし、バイクの新車販売は苦戦が続いており、販売台数はピーク時(約400万台/年)の約10分の1という水準にまで落ち込んでいます。

当然ながら、新車販売だけでお店を切り盛りするのは大変ですし、お客さんが来たからといって、新車の値引きを大盤振る舞いするわけにもいきません。

そういった状況のショップにとって、下取り車のある客というのは、バイクを買ってくれるありがたい客であるとともに、自店の利益を上積みできる便利な存在でもあるのです。

ですから、バイクショップでの下取り額の初回提示は、一般的にかなり控え目なのが普通です。お客さんの側も、手間暇を掛けたくないと考えて、ショップ任せにする人もいますから、もし、その金額で買い取ることができれば、ショップにとってはとてもラッキーです。

しかし、お客さんの側にとっては、まったくラッキーではありません。下取りだけを利用した人は、手間暇を惜しんだがために、本来得ることができる利益を逸しているとも言えるのです。

ここで言う手間暇とは、バイク買取専門業者による査定を取ることです。これをしておかないと、バイクショップが提示する下取り額が妥当な金額なのか、判断する材料がありません。

せいぜい、「あと5000円上乗せしておきます」というひと押しに心を動かされて契約のハンコを押してしまうのがオチです。

冒頭に述べたように、買取専門業者のほうが有利という意見があるのは、有利な条件を提示した買取業者に売ったライダーが多いことを意味しています。

とは言いましても、購入も売却も同じショップでまとめられるのは大きなメリットには違いありません。

もし、下取りで金銭的に有利な条件を勝ち取りたい場合には、複数の買取専門業者による査定を併用し、ショップによる下取り額との駆け引きをするべきです。

そうすることで、購入と売却をひとまとめにでき、なおかつ、高値売却も勝ち取ることができるでしょう。

バイクを高く売るためにやること

 バイクを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!まずはA社、B社、C社にインターネットで査定してもらいますがあくまでも参考価格しかでませんので、実際に来てもらって実際の買取価格を出してもらいましょう!査定は完全無料ですから買取業者を有効利用して、最も高い買取価格を引き出しましょう!

以下の買取業者に私が実際に自分のバイクを売った時の記録 ⇒ 筆者が自分のバイクを買取業者に高く売るまでの体験記

A社:バイク王
バイク王
やはり バイク買取シェアNo.1 ※バイク処分者調査2015 年9 月(調査機関:楽天リサーチ)バイク王は外せません! 査定スタッフ対応満足度93%!※ ※バイク王で査定した方への郵送アンケート調査結果より(2015年6月実施、自社調べ)ですから、社員教育も非常に行き届いています。バイクを売るなら外せない業者です。

バイク王買取強化車種一覧

B社:バイクブロス
バイクブロスは全国対応のバイク一括査定サービスです。1度の入力で業界最大級の8社から無料で愛車の価格を確認することができます。
C社:バイク買取一括見積り
バイク買取専門業者はバイク王とバイクワンが有名ですが、それ以外にもたくさん存在します。中小規模の買取業者でも時期や需要の関係で意外な高値をつけてくれることもありますので、こちらのバイク買取一括見積りが大変便利です!

※人気車・不人気車・輸入車・事故車・故障車・不動車など、すべてのバイクに価値がありますので、一度買取査定をとってみましょう!