TOP > 下取り 【目次】 > バイクの下取り価格の価格交渉の方法

バイクの下取り価格の価格交渉の方法

バイクの販売店に下取りを依頼する場合の価格交渉の方法についてこのページで解説します。複数の業者から見積りを取ることなど、あらかじめ確認しておきましょう。

バイクの下取り価格の価格交渉の方法

 バイクを手放す際の手段として、非常に多くの人々が、バイク専門の買取業者に売却するか、もしくは新しくバイクを購入するショップに引き取ってもらっています。

どちらのほうが高値売却に有利かはケースバイケースですので、すべてのケースに当てはまるとは断定はできませんが、いろいろな人の意見を聞いていますと、買取業者に売却するほうが高値がつくケースが多いです。

その理由として、バイクショップでの下取りは販売と下取りという2つの業務を同時に行うのに対し、買取業者はバイク買取という単体のビジネスで勝負する必要があるため、高値でないと同業者との競争に負けてしまうからです。

買い取れなくても販売でカバーできるショップとは異なり、買取業者は買い取りに失敗するとビジネスが成立しませんから、よりシビアな世界に生きている業者であると言うことができます。

また、バイクショップで新しいバイクを買う場合は、新しいバイクの値引き額と古いバイク下取り額が混在しているため、実際の本当の値引き額がいくらなのか、分かりにくいケースも多いようです。

たとえば、新車の値引きが5万円は可能なのに、2万円を客に提示し、残りの3万円を下取り値引きに充当して、見かけ上の買取額をアップしているようなケースです。

この場合、購入と売却を別々にする、すなわち、新車をバイクショップで5万円引きにて購入し、古いバイクは別の業者に買い取ってもらうほうが有利になる可能性があります。

もちろん、下取りにもメリットはあります。それは、買う店と売る店を一本化できることです。別々の業者と取引することは多少の面倒が伴います。

一本化したほうが楽なのは確かだと思います。ただし、少しでも金銭的に有利になるようにしたい場合には、多少の手間を惜しんでいてはダメです。

もし最終的に、バイクショップに下取りしてもらうつもりであったとしても、必ず、複数の買取業者から見積もりを取るようにしてください。

なぜかというと、バイクショップの下取り額が本当に高値なのか、比較材料がないまま価格交渉に臨むと、いい条件を引き出すことができないからです。もし、他社による見積もりがあれば、客観的な指標として有利な条件を引き出す材料となります。

そして、もう一点留意しておくべきことがあります。新しく購入するバイクの見積もりをもらう際、「下取り有」の場合と「下取り無」の場合の両方の作成を依頼してください。

そうすることで、新しく購入するバイクと売却するバイクの価格を混在してしまうことなく、それぞれにおいて最大限に有利な条件を引き出す早道となります。

そして、もし新しく購入するバイクが新車の場合は、別のバイクショップからも新車の見積もりを取るようにしましょう。そうすれば、前述したような、下取り車に値引き分を充当するような価格操作を回避することも可能となります。

バイクを高く売る方法1ページで解説!

バイクを高く売るためにやること

 バイクを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!まずはA社、B社、C社にインターネットで査定してもらいますがあくまでも参考価格しかでませんので、実際に来てもらって実際の買取価格を出してもらいましょう!査定は完全無料ですから買取業者を有効利用して、最も高い買取価格を引き出しましょう!

以下の買取業者に私が実際に自分のバイクを売った時の記録 ⇒ 筆者が自分のバイクを買取業者に高く売るまでの体験記

A社:バイク王
バイク王
やはり バイク買取シェアNo.1 ※バイク処分者調査2015 年9 月(調査機関:楽天リサーチ)バイク王は外せません! 査定スタッフ対応満足度93%!※ ※バイク王で査定した方への郵送アンケート調査結果より(2015年6月実施、自社調べ)ですから、社員教育も非常に行き届いています。バイクを売るなら外せない業者です。

バイク王買取強化車種一覧

B社:バイクブロス
バイクブロスは全国対応のバイク一括査定サービスです。1度の入力で業界最大級の8社から無料で愛車の価格を確認することができます。
C社:バイク買取一括見積り
バイク買取専門業者はバイク王とバイクワンが有名ですが、それ以外にもたくさん存在します。中小規模の買取業者でも時期や需要の関係で意外な高値をつけてくれることもありますので、こちらのバイク買取一括見積りが大変便利です!

※人気車・不人気車・輸入車・事故車・故障車・不動車など、すべてのバイクに価値がありますので、一度買取査定をとってみましょう!