TOP > 下取り 【目次】 > 下取りできないバイクはある?

下取りできないバイクはある?

売ろうとしているバイクの中には、下取りできないバイクがあります。販売店で再販できる見込みのないバイクであるなど、下取りできない理由について解説します。

下取りできないバイクはある?

 バイク販売店が乗り換えを希望する客に対して下取りをする時、そのバイクは基本的にその販売店で再販されます。

したがって、下取りできないバイクはどのようなバイクかというと、それは販売店で再販できる見込みがないバイクです。

例えば、人気があまりにもないようなバイクやあまりにも古いバイクなどは下取ってもらえないことがあります。また、事故車故障車も下取りしていない場合がほとんどです。

販売店では、元の持ち主から下取りしたバイクを、できるだけリスクの少ない形で在庫として保有しておき、新しい乗り手が現れるのを待ちます。

そのため、整備してから展示するのではなく、買い取ったものをそのままの状態で展示しておき、買い手が現れてから初めて点検・整備を行うことが多いのです。

故障車や事故車はそのまま展示することはできず、修理にも多額の費用がかかるため、店舗での再販を図るにはあまりにもリスクが大きいため、事故車や故障車を下取りしてくれることはありません。

そのため、価値のない古いバイクや事故車・故障車を下取りに出したならば、下取りをしてくれず、むしろそのバイクを処分するための代金を下取り費用として請求されることとなるでしょう。

下取りよりも買取を

 下取りはその店舗で再販されることを前提として行われるため、下取りできないバイクが多く、また下取りをするにしてもあまり高い価格で下取りを行われることは少ないものです。

したがって、バイクの乗り換えを検討している場合には下取りを行うのが常識と考えている人も多いものですが、目を転じて買取業者を利用することを考えましょう。

買取業者は下取り業者とは違い、広い販売網を活用して買い取ったバイクをあらゆる販路で売りさばくことができます。

それだけに、古いバイクや人気がごくわずかな層に限られるバイクであっても買い手を見つけることができますし、どうしようもない事故車でも部品ごとに売る販路を持っているため、バイク本体としてではなく部品としての価値を付けてくれることもあるのです。

そのため、バイクを乗り換える時には、下取りよりも買取業者に買取を依頼し、下取り以上の価格で買い取ってもらい、また事故車や故障車でもいくらかの価値を付けてもらい、それを乗り換えるバイクの購入代金に充てたほうが得をすることのほうが多いです。

乗り換えの際にも買取を利用するということは、近年では常識になりつつある流れなのです。

バイク買取のメリット・デメリット

バイクを高く売るためにやること

 バイクを高く売るためには、複数の買取業者に査定してもらい価格競争させることが大切です!まずはA社、B社、C社にインターネットで査定してもらいますがあくまでも参考価格しかでませんので、実際に来てもらって実際の買取価格を出してもらいましょう!査定は完全無料ですから買取業者を有効利用して、最も高い買取価格を引き出しましょう!

以下の買取業者に私が実際に自分のバイクを売った時の記録 ⇒ 筆者が自分のバイクを買取業者に高く売るまでの体験記

A社:バイク王
バイク王
やはり バイク買取シェアNo.1 ※バイク処分者調査2015 年9 月(調査機関:楽天リサーチ)バイク王は外せません! 査定スタッフ対応満足度93%!※ ※バイク王で査定した方への郵送アンケート調査結果より(2015年6月実施、自社調べ)ですから、社員教育も非常に行き届いています。バイクを売るなら外せない業者です。

バイク王買取強化車種一覧

B社:バイクブロス
バイクブロスは全国対応のバイク一括査定サービスです。1度の入力で業界最大級の8社から無料で愛車の価格を確認することができます。
C社:バイク買取一括見積り
バイク買取専門業者はバイク王とバイクワンが有名ですが、それ以外にもたくさん存在します。中小規模の買取業者でも時期や需要の関係で意外な高値をつけてくれることもありますので、こちらのバイク買取一括見積りが大変便利です!

※人気車・不人気車・輸入車・事故車・故障車・不動車など、すべてのバイクに価値がありますので、一度買取査定をとってみましょう!